本文へ移動

Process

服ができるまでの流れ
タナカでは、紳士肌着・婦人肌着を中心に幅広い製品を取り扱っています。
弊社の肌着がどのように製造されて皆様のお手元に届くのか、一連の流れをご紹介いたします。

デザイン・仕様書作成

デザイン・仕様書作成
どんな肌着でも、まずはデザインを決めるところから始まります。
タナカの経験豊富なデザイナーが、肌着作りにおける基礎をかためます。

デザインは肌着の形を決めるだけではなく、素材や色の選定も重要な要素です。流行やシーズンを加味しつつ、それぞれの要素を確定させていきます。

素材を決める

素材を決める
タナカの素材選びで大切にしているのは、肌触りのよさです。
どんなに素敵な見た目でも、着た時にチクチクしたりカサカサしたりと、着心地が悪いと違和感が残ります。

また生地の幅がそれぞれ違うため、作りたい形に合う幅であるかどうかも、生地選びの基準の一つになります。豊富な種類の中から最適な生地を選びます。

色を決める

色を決める
ファッション業界では、シーズンごとにトレンドカラーが発表されているのをご存知でしょうか。
タナカでは、そのトレンドカラーと前シーズンの売上等を加味しつつ、シーズンごとに大まかなテーマカラーを決めています。そこから一つひとつの製品に最適な色を選定していきます。
最近はベージュなどのナチュラルな色合いが人気です。

形を決める

形を決める
形を決める時には、なによりも着心地を重要視しています。
肌着は常に肌に触れているため、着た時に肌にフィットするか、動きにくくないかを、何度も試行錯誤して決めていきます。
タナカでは、毎日着たくなるような最高の肌着を目指しています。

仕様書を作成する

仕様書を作成する
素材・色・形のデザイン3要素が確定したら、縫製加工仕様書を作成します。これは、肌着の寸法や色などすべての情報が記載された設計図のようなものです。
縫製加工仕様書が完成すると、それをもとにパタンナーにパターン(型紙)の作成を依頼します。

パターン作成

パターン作成
デザイナーから上がってきた縫製加工仕様書をもとに、パタンナーがパターンを作成します。

パターンとは洋服の型紙のことで、立体的なデザインをパーツごとに平面の型紙に起こしていきます。そのパターンを作成する人のことをパタンナーといいます。肌着の着心地に直接かかわる大切な仕事なので、専門的で高度な技術が必要になります。

サンプルアップ・修正

サンプルアップ・修正
作成したパターンをもとに、サンプル製品を作成します。
デザイナーが指示した寸法通り仕上がっているか、着心地に問題がないかなどを確認します。
サンプルの作成は1度で終わることはほとんどなく、たいてい2~3回修正を繰り返すことで、正式なサンプルが完成します。

正式なサンプルが完成したら、その年の天候や社会情勢を鑑み、生産数量を試算します。

生産依頼・展示会

生産依頼・展示会
海外工場(中国・バングラデシュ)に生産を依頼します。
生産依頼では、事前に製品の特徴や生産数、工場の混雑具合など、必要事項の打ち合わせを行います。この打ち合わせを怠ると製品が予定通りに仕上がらないといった問題が発生してしまうため、綿密に行います。

また生産依頼と同時期に、全国の販売店のバイヤーに向けてサンプルを使って展示会を行います。
この展示会での注文数に応じて、生産数の調整も行います。
※現在はコロナ禍の影響で展示会への参加は減っています。

裁断・縫製

裁断・縫製
裁断・縫製は、中国・バングラデシュの海外工場にて行っています。
「愛用され、信頼される製品作り」をモットーに、ひと肌と繊維の心地よい関係を目指して生産しています。

後加工

後加工
後加工とは縫製後に行う作業のことをいいます。
ボタン付けやゴムヒモ通し、洗い加工、洗濯マーク・サイズ表記のタグ付け等を行います。

必要な加工を施したら、アイロンがけを行い、製品完成です。

検品・仕上げ

検品・仕上げ
完成した製品の最終検品を行います。
検品で問題がない製品は、袋詰め等の仕上げを行います。

検品の基準は国やブランドによって大きな差があります。
直接肌に触れる肌着を安心・安全に着用いただけるように、タナカでは最高基準の検品を行っています。

生産地からの輸入

生産地からの輸入
最終検品が完了した製品を国内で販売するために、中国・バングラデシュの工場から国内に輸入します。
多くの製品は、海外のコンテナ船で日本に届きます。
通常中国からは10日間程度、バングラデシュからは45日間程度かかります。

販売店へ出荷

販売店へ出荷
国内に届いた製品を、展示会でご注文いただいた全国有名小売チェーンストアー各社・全国主要卸売問屋各社へ出荷します。
皆様の手に届くまであと少しです。

店頭・オンラインショップでの販売

店頭・オンラインショップでの販売
ここまでの工程を経て、ようやく皆様にお目見えします。
誰もが身に着けている肌着はこのように多くの方の協力があって成り立っています。

弊社は「創業以来、肌着一筋」です。これからもより多くの心地よさのため、タナカの肌着作りに終わりはありません。今後とも「人の肌を守るタナカの肌着」を宜しくお願い申し上げます。
2021年
12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年
01月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 年末年始
TOPへ戻る